【レビュー】Logicool G613ワイヤレスキーボードがやってきた!!

どうも、そうたん(@soutan_fon)です。 今回はゲームはしないんですが、メカニカルキーボードに興味があったので購入した、G613のレビューをしていこうと思います!

キーボードの特徴

G613はワイヤレスタイプのメカニカルキーボードです。接続方法は2種類あり、LightSpeedBluetoothがあります。

個人的には、自作パソコンなどに接続する際は、LightSpeed。Bluetooth対応ノートパソコンなどに接続する際は、Bluetoothで接続するように使い分けています。

メカニカルキーボードのキーストローク(接点)1.5mm、キーストロークは3.2mm。押下圧は45gです。一般的なメカニカルキーボードとさほど変わらないと思います。

キーボード概要

物理仕様

  • 縦 478mm
  • 横 216mm
  • 高さ 33mm
  • 重量 1410g(キーボードのみ)

ROMER-Gタクタイル キースイッチ

  • 耐久性 7000万回の打鍵
  • キーストローク(接点) 1.5mm
  • キーストローク 3.2mm
  • 押下圧 45g

電池寿命

  • 18ヶ月(使用状況により異なる場合があります)

要件

  • LightSpeed USBポートおよびWindows® 7以降、OS X 10.10以降、Chrome OS™またはAndroid™ 3.2以降
  • Bluetooth Bluetooth対応デバイスおよびWindows® 8以降、macOS 10.12以降、Chrome OS™、Android™ 3.2以降またはiOS 10以降
  • (任意)インターネット接続環境(Logicoolゲーム ソフトウェアのダウンロード時に必要)

(注意)Logicool公式サイトから引用

内容物について

内容物については、必要最低限のものが入っている感じです。

  • キーボード本体
  • 取り扱い説明書
  • 保証書
  • スマホスタンド

キーボード本体の第一印象は、大きいなと感じました。付属のパームレストが大きめの部類なので講中を考えている方は机の幅を考えて購入することをお勧めします。

最初から乾電池が入っており、裏の紙を引き抜くとすぐに使用できます。

付属品のスマホスタンド。シンプルなデザインです。数日間使用していてデスク周りに置きながらパソコンを使っています。

その他の二つは、保証書&説明書とUSB延長ケーブルです。キーボードの裏にライトスピードモジュールは付属しています。

キーボード本体について

それではキーボードを見ていきたいと思います。

-スポンサーリンク-

キーボードの高さは裏のスタンドを上げるとかなりキーボードが傾きます。キーボードの角度で困ることはなさそうです。

キーボードの背面はメッシュになっていて、跡が付きにくいような設計になってます。

また、ライトスピードモジュールは電池を入れるカバーを外してもらえると出てきます。電池は、単三電池二本が必要です。

キーボードはメカニカルなので打鍵感は気持ちいいです。

キーストロークは1.5mmと一般的なメカニカルキーボードとあんまり変わりません。サイズが大きいので見切れてますが、それくらい大きいものだと思ってください。

キーボードの右端にショートカットキーを設定できます。専用ソフトをLogicoolのホームページからダウンロードすることで設定できます。

6つまで設置できるのでかなり便利かと思います。右上にはレシーバーにて接続するか、bluetoothで接続するか瞬時に選択できるようにボタンがついています。

スマホスタンドについて

このスマホスタンドは、おまけみたいに思っていたのですがかなり使い勝手が良くデザインもかっこいいのでかなり気に入っています。


キーボードの横に置いて作業しています。通知が来た時に、何も触れることなく瞬時に通知を確認できるので便利です。

もちろんスマホの横置きにして動画を見たり、タブレットを置くことも出来ます。

最後に…

ワイヤレスとは思えないほどキーボードの遅延が無いと感じています。またコードがない分机上がすっきりします。

ゲームをしなくて、メカニカルキーボードにこだわる方はとてもお勧めできる商品です。

ただ、前にもあげましたが、大きい部類のキーボードですので机のサイズを確認してから購入することをお勧めします。

SNSにシェア